イラストを描くときの紙のオススメ!「コピー用紙」の魅力

イラストを描くときの紙のオススメ!「コピー用紙」の魅力

イラストを描くときの紙のオススメ!「コピー用紙」は、安いけど薄い

コピー用紙は500枚で300円とかなり安いです!

100均一の店でも、コピー用紙は売っていますし、値段が1枚1円以下と、非常にコストパフォーマンスも良いです。

イラストを描く紙は原稿用紙だと、1枚1円以上することがよくあります。

紙自体、まず1枚1円という安さは少ないですので、コピー用紙はかなり安い分類に入ります。

100円均一の画用紙さえも1枚2円~10円します。

イラストを描くときの紙のオススメ!「コピー用紙」は、薄いからトレースしやすい

コストパフォーマンスが良いので、別の紙にトレースする下書き用の紙として使うのもありです!

紙が薄いのでトレース台や光にかざした時に見やすいし、分厚い紙だとトレースした場合に、暗く見づらいです。

紙をトレースした際に、2枚の紙に透かせた状態にならないといけないのです。

分厚い紙に書いた際には、強い光に当てないと下書きの紙に乗せた紙まで透けません!

上に乗せる紙が分厚い場合には、薄い紙の方が写りやすく、更に上に乗せる紙が分厚い場合は透けにくいので、薄い紙に書くと良いです!

その点コピー用紙は、コストパフォーマンスが良く、薄いので便利です!

イラストを描くときの紙のオススメ!「コピー用紙」は、色が複数の中から選べる!

コピー用紙は色付きがあります

白、青、ピンク、黄色、緑の色の用紙を見たことがあります。

コピー用紙は100円均一の店でも買え、1枚1円以下ですが、紙のサイズにより値段が変わります。

ですが、普通の紙に比べると安い方に分類されると思います!

店でよく見かけるサイズが、A5~B4までが主に販売されていますが、店によってはB4以上の大きさの紙も売っています。

イラストを描くときの紙のオススメ!「コピー用紙」の大きさの知識

はがきはA6サイズで、それを倍の大きさにしたらA5です。

A5を倍の大きさにしたらA4です。

つまりA4の半分はA5で、A5の半分はA6となります。

用紙のAとBは大きさが決まっており、それを半分にしたのが、紙の種類+分割数なのです。

イラストを描くときの紙のオススメ!「コピー用紙」はコストパフォーマンスが良いので練習用に!

コピー用紙はコストパフォーマンスが良いので、イラストの練習にも使えます。

練習用に思ったままにらくがきをして画力の向上もありです!

絵はある程度書いて、悪い所を直していく方式が私的にはおすすめなので、いっぱい書いた方が良いです!

私は、かなりの数を書いて練習しました!

その時にコピー用紙で練習をよくしましたのでおすすめします!

イラストを描く際の紙についてでした!

参考にして頂けると嬉しいです!

最後まで閲覧ありがとうございました!



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

One Response to “イラストを描くときの紙のオススメ!「コピー用紙」の魅力”

  1. […] イラストを描くときの紙のオススメ!「コピー用紙」の魅力 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.