菅未里さんご推薦!「ハイヒールステープラー」入手困難!?

菅未里さんご推薦!「ハイヒールステープラー」入手困難!?

”赤いハイヒール”というと不二子ちゃんとか、

とにかく一流のイイオンナのイメージ。だって、赤いハイヒールって

履きこなすのすごく難しいし、大変。でも、普遍的な女性の憧れのイメージですよね。

そんなハイヒールが文房具になりました。「ハイヒールステープラー」です。

【あの菅未里さんも憧れた!”イイオンナの証”文房具】

「ステープラー」を「ホッチキス」と呼ぶのはもう古いんでしょうか。

私は「ホッチキス」と呼んでしまうけれど、

「ステープラー」のほうがなんだかスタイリッシュな気がします。

でもまだ昭和脳なわたしは、ホッチキスのほうが安心感のある呼び名かも。

さて、あの”文房具ソムリエーヌ”、菅未里さんご推薦のこのステープラー。

どこからどう見ても赤いハイヒール!よく見たらホッチキス。

「ハイヒールは横顔が命」と言うけれど、これは完全にクリアしてます。美しい!

ツヤツヤの赤、つま先立ちで背伸びしたような”イイオンナ感”。

眺めているだけで2%くらいイイオンナ度がアップしそうな気がしませんか?

【菅さんいわく、「ちょっと重い(笑)」】

ステープラーならば、シンプルデザインのものが一番軽量のは明白。

ですが、このデザインはなかなか貴重。そうそうお目にかかれません。

実際、通販でも入手困難なことも多く、菅さんの取り上げられた文房具が

いかに人気かが伺えます。しかも実用性はさほどでもない(笑)。

というのも、このステープラー、けっこう重いそうなんですね。

なので、普段はインテリアとして飾って楽しみ、

たまにホッチキスとして使う分にはいい、とのことでした^^

ほかにもハイヒール型の文房具はユニークなものが出ており、

たとえば上のテープカッターなんかもオシャレなハイヒール型。

足首ストラップの側のみ実用的で、残るはほとんど装飾。

でも思わず「欲しい!」と思ってしまいませんか?(私はすごく欲しい)

靴の内側全体がテープカッターになっているものもあり。

テープ、すごく長く伸びてますね(笑)靴の長さ分が引き出されている。

ほか、番外編ではハイヒール型のオシャレなクリップもあり。

自分でクリップをまげて作れそうな気もします。

ふつうのクリップよりも挟み心地が良さそう。

暮らしの中にちょっと彩りを添えてくれる文房具。心が弾みます^^



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.