オススメの消しゴム!「SCRAPS OF ERASER」の魅力

オススメの消しゴム!「SCRAPS OF ERASER」の魅力

https://www.amazon.com/Mitsuya-RBT-200-Scraps-Eraser-Japan/dp/B00332G4OI

オススメの消しゴム!「SCRAPS OF ERASER」とは?

  • 消しゴム工場で出来た切れ端を集めました!
  • よく消える!お買い得な!
  • たくさん使える!
  • カタチが選べる!
  • ハンコが作れる!
  • たっぷりカドがとれる!約200g入り
  • 日本製

上記の7つのキーワードはパッケージに書いてある言葉です。

実際に使ってみて、納得がいく品質です。

やわらかくよく消えて、色々な形があり、カドもあり消しやすいです。

消しゴム「SCRAPS OF ERASER」は、コスパが良い

この消しゴムは、コストパフォーマンスが良いんです!

コスパと略される、コストパフォーマンスとは、価格と価値(費用と効果)の対比の事で、コスパが高いというのは、価格より価値が高い事を指しています。

他社と比べて価格より使いやすい、一個やグラムの単価が良いという意味で私は使います!

10年前くらいの100円均一の消しゴムは、固く使いにくいものでしたので、monoという消しゴムを使っていました。

monoは使いやすかったのですが、少し値段が高かったのです!

イラストを描く際に消しゴムはかなりいるからmonoの消しゴムは高く感じていました!

私的には使いやすい消しゴムは、柔らかい消しゴムが多いです。

その点monoの消しゴムは柔らかく、消しやすいものでしたが、コストパフォーマンスは微妙でした。

100円均一の消しゴムはコスパが良いのですが、昔は消えやすさが微妙でしたが、ここ数年でとても消しやすい消しゴムに変わっていますので、100円均一の店でも使いやすいです。

ですので、100円均一の店で買ってもそこまで損はないと思います!

しかし、それよりも更にコスパが良いと感じるのが、SCRAPS OF ERASERの消しゴムなのです。

写真を見て頂けると、かなりの数の消しゴムが入っています。

この量がコストパフォーマンスの良いと感じる点で、確か200gが300円はとても安いです!

200gといえば少なく感じますが、消しゴムはかなり重量が軽いので、200gはかなりの個数が入っていますので、おすすめです!

消しゴム「SCRAPS OF ERASER」は、消しやすい!

SCRAPS OF ERASERの消しゴムは柔らかく消しやすいのです!

そして消しカスがまとまります!

消しゴムによっては消しカスが固く、まとまらないのは私的には扱いにくいので、その点SCRAPS OF ERASERの製品は使いやすいのです!

そして綺麗に線が消えます!

少ない力で綺麗に消えるのが重要です!

軽い力で消えないと、紙が傷んで無理に消そうとすると紙が破れてしまいます。

丈夫な紙でも無理やり消そうとすると破れてしまいますので、ご注意下さい!

もちろん、薄い紙なら簡単に破れてしまいますので、破らないためには一定の方向で消していき、上から下ならずっと上から下に消す方が破れにくいです!

つまり消しゴムで消す際には、一定方向に消すのと、軽い力で消すのが私的には重要です!

消しゴム「SCRAPS OF ERASER」は、カドで消すと細かく消せる!

大きな消しゴムを使っていると、どんどんカドが無くなっていきます。

カドが無くなると細かい部分が消せなくなってきますので、消しゴムはある程度小さい消しゴムが使いやすいです!

細かい絵を下書きで書いている段階では角があり小さい消しゴムの方が消しやすいですが、ペン入れが終わった後に消すのは角が無く大きな消しゴムが使いやすいです!

大きく消す際には広い面積が使えるカドが無い消しゴムの方が使いやすいので、広く消す場合は大きく、カドがとれてまるくなっている消しゴムの方がおすすめです!

沢山入っていて、消しやすい、SCRAPS OF ERASERの消しゴムでした!

参考にしていただけたらと思います!

閲覧ありがとうございました!



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.