消しゴム内蔵!トンボ鉛筆のモノグラフシャープペン

消しゴム内蔵!トンボ鉛筆のモノグラフシャープペン

親戚の子が持っていた、すごくキレイな色のシャープペン。

GWの宿題の問題集に挟んであり、あまりにもスタイリッシュなので

思わずしげしげと見入ってしまいました。

やっぱりメディアの影響で、小さい子供でも大人顔負けなほどの

コダワリ文具をかなり集めてる様子。(クルトガやデルガードなど)

この蛍光色の美しいシャープペンは、トンボ色鉛筆さんの「モノグラフ」。

MONOブランドの大型消しゴムが内蔵されているとあって、

中高生に大人気だそう。従来のシャープペンといえば、

申し訳程度にくっついた貧弱(すみません)な消しゴムが頼りなく、

”出先でやむなく文字を消す”ときにだけ活用していた気がするんですが、

この「モノグラフ」シャープペンの付属消しゴムは、しっかりと文字を消すことができ、

しかもその消しゴムは詰め替えOKというからオドロキ。

こんなふうに簡単に詰め替えができます。

かつて筆箱の中でペン類との形状が異なり、持て余した大きな消しゴム。

今はこんなふうにスタイリッシュに、シャープペンと一体化しています。

スマートで機能的。しかも価格も3~400円台とお手頃。

高級すぎず、手軽に使えてオシャレというのも人気の一因のようです。

【私も思わず欲しくなった!デザイン性の高さ】

シャープペンの中ほどには、くっきりしたトンボロゴ。

見慣れたロゴですが、こうして見るとすごく完成された形です。

軸が蛍光色のネオンカラーシリーズは、このイエローのほか、

鮮やかなピンクとブルーの全3色があります。どれも目立つ色で探しやすい。

この透明のクリップ部分をノックして、芯を出すこともできるほか、

ペン全体を振って芯を出すフレノック機能もアリ。

先端部分も一部透明で、ガンメタカラー。かっこいいです。

ただ、我々のような旧世代人類としては、

ペンをひっくり返して消すのがちょっと面倒な気も・・・。

そんな人には、この「MONO zero」ペン型消しゴムがいいかも?

自分好みの消しゴムスタイルを選べるなんて嬉しい。

消しゴムといえばあの四角いカタチしか選べなかったのに、

時代の流れを感じる今日この頃です^^



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

One Response to “消しゴム内蔵!トンボ鉛筆のモノグラフシャープペン”

  1. […] 消しゴム内蔵!トンボ鉛筆のモノグラフシャープペン […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.