【マツコの知らない世界】アルミパンチ(穴開け器)が進化してる…!

【マツコの知らない世界】アルミパンチ(穴開け器)が進化してる…!

carl1出典 http://www.carl.co.jp/

【ナニコレ!今アルミパンチってこんなに進化してたの!?】

もう衝撃です。『マツコの知らない世界』文房具回に登場したパンチ。

日常生活ではそこまで出番のないパンチの器械ですが、

久々に紙に穴あけやってみたくなりました!

パンチ器なんてこれ以上進化しようがないと思い込んでたけど、

こんなに進化の余地を残してたなんてビックリ。

マツコさんも「ええっ!?」てなってましたからね^^

昔からよくあるパンチっていうのは、とにかく重くて硬い、そして使っていくうちに

穴あけ部の金属がなまって、穴がキレイに開かなくなってくるんですよね。

でもそうそう買い替えることもなく、サビてもまだ使っていた記憶。

ところが現代の最新のアルミ製のパンチは、さくっと軽くて穴あけが爽快だそうです。

この一事だけでも穴あけやってみたい。昔の重さと比べてみたい・・・!

学校や会社で綴じ穴を開けるときとか、ものすごくユウウツでしたもんね。

まず、何部もの書類を作らねばならないときなんか、手がプルプルになるほど

穴あけにはチカラが必要でした。繰り返してると、地味に手が痛くなるんですよね。

綴じ枚数によっては、ほんと手首を傷めるんじゃ?ってくらいに。

でも、今はそんな心配無用なんです。「カール事務機」さんから出ているアルミパンチ、

穴あけが軽い以外にも、いろんな工夫ポイントがあるみたいなんです。

【最大30枚穿孔までOK!しかも真ん中に穴を開けられる】

mrp30出典 http://www.carl.co.jp/

30枚って凄すぎませんか?(笑)今振り返ってみると、

従来のパンチじゃ10枚穿孔でもけっこうキツかった記憶があるのに。

軽さに磨きをかけたアルミパンチ「MR.PUNCH」という商品、

番組内で文具ソムリエールのあのお方 「菅 未里」さんのイチオシです。

10枚、20枚、30枚穿孔の3タイプ。

まず見た目がスタイリッシュなんですが、もちろんそれだけではありません。

二重テコの原理で軽さを実現してあります。従来型のハンドルって穴あきが主流でしたが、

スクエアのアルマイト(カラーもオシャレ)ハンドルで綴じやすい。

そして、商品の端に出っ張っている部分、これが定規になっていて

書類のちょうど真ん中が一発で見極められるんです。

真ん中にある三角印を探して、目安で綴じ場所を狙わなくたって、

パーフェクトな位置に穿孔することができるんです!これは凄すぎる!

綴じ穴をテキトーに開けちゃう人も多いと思うんですが、

「それが許せない!」という几帳面さんも世の中には多い。

でも、このアルミパンチなら、どんな人が穿孔しても確実に左右対称に穴あけ可能。

もっと早く世に出て欲しかったです、この素敵パンチ。

日本製なので、穿孔部も丈夫で鋭利。キレイな穴あけを実現。

シャープなデザインで、オシャレなデスクに置いても見栄えがするんですね。

落ち着いたカラーリングも魅力。ファイリング作業の多い型には垂涎の逸品。



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.