ARTEO色相環絵具が欲しすぎる…!まるで化粧品みたいな美しさ

ARTEO色相環絵具が欲しすぎる…!まるで化粧品みたいな美しさ

ARTEO(アルテオ)から出ている色相環絵具というのが凄すぎて、

いい意味でショックを受けている私です。絵具ってこんなにスタイリッシュなんですね。

昭和生まれで、絵具の取り扱いには散々苦労してきた自分としては、

この絵具の進化に驚きを隠しきれない。旧世代人種であることがバレバレ。

絵具の思い出⇒フタが開かない、チューブが破れる

学校で使った水彩絵の具には、ロクな思い出がありません。

自分の絵具道具の管理が悪いのがダメなんですが、キャップの口を拭って

収納することをせずに次の授業時に使う絵具を開けようとして、フタが固まって

まったく開かない。下品ですが、歯でこじ開けても開かない。

プラスチックパレットにフタ開け機能もありましたが、強引にOPENすると

絵具チューブが弾けて、チューブの首あたりから絵具が流出・・・。

そのうち、チューブはPPなどの素材にとって代わり、簡単に破れなくなってますが

このARTEO(アルテオ)の絵具は、また一味違う外観をしています。

出典 http://www.i-s-eng.co.jp/arteo/details.html

この液体ファンデーションのようなスタイリッシュチューブ・・・!

透明で残量も分かりやすく、わずかなチカラでOPENできる仕様です。

手で握りやすい形状。水彩絵の具ではなく、アクリル絵の具(不透明水彩)です。

アクリル絵の具は乾く前は水に溶けますが、乾いたあとは耐水になり、何度でも重ね塗りOK。

淡い繊細な色合いというよりは、油絵寄りのハッキリした色味が出せるのが特徴。

これを色相環に並べたのがARTEOサークルカラー

出典 http://www.i-s-eng.co.jp/arteo/details.html

ひと目で欲しくなってしまうような、美しいパッケージング。

絵具の取り扱いに苦労した人で、絵をお描きの人にとっては垂涎の商品でしょう。

あの色相環そのものの並びに色を連続させ配置させることで、

思いがけない配色を生み出すことができるかもしれません。

日頃、色相環を意識して絵を描くことってあまりないと思うんですが、

これは新しい世界観を生み出すツールとなるかも・・・!?

ポスターなど、フリー配色する際の参考にできそうな絵具の並びです。

出典 http://www.i-s-eng.co.jp/arteo/details.html

この形状、絞りだしてみたくなりますね。絵だけでなく、ネイルアートにも使えます。

また、アクリル絵の具の特性で木や布、石などの異素材にもしっかり発色。

アートな遊び心を満たしてくれる上に、この見栄え。物欲がそそられる逸品ですね。

センサーで色を読み取り再現するペン「Scribble」が近未来的♪

フェリシモ500色鉛筆&大人の塗り絵本について

 

お絵かき用だけじゃない!サクラ 「クーピーペンシル」の色々な使い方

 



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

One Response to “ARTEO色相環絵具が欲しすぎる…!まるで化粧品みたいな美しさ”

  1. […] ARTEO色相環絵具が欲しすぎる…!まるで化粧品みたいな美しさ […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.