サランラップにマジックで描けちゃう♪キャラ弁にも◎

サランラップにマジックで描けちゃう♪キャラ弁にも◎

あのカラフルくまさん(名前はいまだなく「たぶん、クマ」と呼ばれる)のCMで有名な

サランラップ(by旭化成さん)。サランラップは「Saran Wrap」と表記。商品名だそうですね。

私、幼少時はずっと「サランラップ=ラップの総称」だと思ってたんですが、

クレハさんのは「クレラップ」だし、じつは固有名詞ってことになるんですね。

ところでこのサランラップに描けるマジック、かなり人気らしいのでちょっと調べてみました。

欲しくなる・・・♪カラフルなキャラ弁作りにも

”食べ物にマジックで色づけ”というと、「油性インクの強烈な香りが移りそう」と

危惧する方も多いことでしょう。また、「色素が口に入ったらどうするの?」とも。

ですが、サランラップのマジックは安全に配慮されており、水性インクなので

あの鼻にツンと来るようなニオイはまったくないそうです♪安心ですね。

また、描いた後電子レンジにかけてもOKだそう!それなら温め直しの際にもOK。

全6色で、ホワイトカラーもあるので、黒い海苔の上からも落書きできちゃうんですね。

運動会の応援メッセージ、伝言メモ、注意書きにもOK。これは考えられてますね♪

スペシャルな日の気合の入ったお弁当だけど、キャラ弁まではちょっと・・・という日にも

クッキリ描けるペンなら、ハートマークや顔など、ラップを貼って何か描くだけで華やか♪

こんなオニギリがお弁当箱から覗いたら、いつもの数倍お弁当が楽しみになりそう。

ラップの消費量がハンパないことになりそうですね(笑)

さいきんマジック界でも機能のめざましい進化

あのゼブラさんから、「水拭きで消せるマッキー」が発売されています。

8色セットのものや、黒1本のもの、カラー単体まで幅広い取り扱い。

以前マッキーといえばお名前ペンでしたが、この消せるマッキーは水性顔料で

水拭きで落とせるというもの。表面がつるっとしているものになら何でも描けて、

何度でも消せるそうです。なので、模様替えのプラケースに中身を書いて

収納内容が変わるたび、水拭きで文字を描き直すことも可能。

マジックも”ただ描く”だけでなく、消せたり遊んだりできる時代になってきました。

次の進化はどんなふうになるんだろう・・・?楽しみにしております^^

ARTEO色相環絵具が欲しすぎる…!まるで化粧品みたいな美しさ

センサーで色を読み取り再現するペン「Scribble」が近未来的♪

今しか買えない!ZEBRAマッキーデザインのレア文房具

 



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.