フェリシモ500色鉛筆&大人の塗り絵本について

フェリシモ500色鉛筆&大人の塗り絵本について

出典 http://www.felissimo.co.jp

フェリシモの500本の色鉛筆を衝動買いしそうになったことがあります。

今でも専用サイトを見ると、ウットリしてポチしそうになるんですが

かろうじて堪えています。というのもつい先日、

大人の塗り絵本を手にしたんですが、色鉛筆が手元に揃ってないことが判明。

バラで30色くらいあるのですが、色鉛筆の色が揃わないのは致命的(笑)。

【フェリシモ「500色の色えんぴつ」の魅力】

もう、まずは見た目のインパクトでしょうね^^

とにかく圧巻。ちょっとずつグラデーションになっている色鉛筆が並び、

カラフルで目がわくわくしてしまうんです。

出典 http://www.felissimo.co.jp

パステル調のこのなだらかな色の差・・・!

色彩検定でも持っていなければ、その差が分からないかもしれない(笑)。

また、ちょっと我々が見たこともないような色の名前がズラリ。

そう、フェリシモさんの色鉛筆の各カラーには、オリジナルの名前がついています。

すごくオシャレで、色を塗るときの情景さえ浮かんできそうです。

ノーマルな色に加えて、蛍光色やメタリックカラーまで揃っている。

もともと色鉛筆や塗り絵、お絵かきが好きな人にはたまらない商品でしょう。

【大人の塗り絵ブームが起きて久しい】

ストレス過多で気持ちが鬱々しがちな多忙な現代。

気分転換は必須、ですが旅に出る時間もオカネも体力もない・・・。

そんなときに、大人の塗り絵です。マツコの知らない世界でも取り上げられましたね。

もともとはフランスの女性が始めたこの趣味&癒しテク、今では

働く女性や年配の方まで幅広く楽しんでいるとのこと。

上は中原淳一さんの塗り絵絵本です。

童話やレトロな美しい女の子、お洋服のイラストなどがズラリ。

しかし、問題は色鉛筆が全色揃っていないこと。

やはり、12色ではまったく足りない。24色でも足りないかも。

「じゃあ何色だったらいいのか」と考えたときに、

以前無性に欲しかったフェリシモさんの色鉛筆500カラーを思い出しました。

出典 http://www.felissimo.co.jp

フェリシモさんの色鉛筆はスクエアとなっています。これは、

持ちやすさに加えて、見た目の面白さも計算されているためだそう。

色鉛筆500本を収納するための専用棚も揃ってます(※別売)。

「この色鉛筆が全色目の前にあったら、さぞかし壮観だろう」と思いつつ、

私の購買意欲に歯止めをかけるのが、月1回(20色ずつ)の定期便です(笑)。

ワクワクしながら色の揃うのを待つのもいい。しかし、25カ月かかってしまう。

これ、一括で買うことができないそうなんですね。

2年以上待つことができるか・・・と考えると答えは「NO」です。

というわけで、塗り絵用の色鉛筆、どこのメーカーで揃えようか、

只今お悩み真っ最中です。

ただ、インテリアとしてはすごく素敵ですよね、フェリシモ色鉛筆^^



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.