落書きできる文房具カフェが終わってしまった・・・

落書きできる文房具カフェが終わってしまった・・・

出典 http://pentel-rakugaki.jp/

2017年3月末に営業を終了した銀座のぺんてる「落書きカフェ」。

ここでは、大人も子供も好き放題店内で落書きのできるカフェで、

食べるものから机から壁にいたるまで、自由に書き放題だったそうです。

2月4日からの期間限定OPENだったために行きそびれました、残念。

いつか再度OPENしたら、ぜひ行ってみたい場所。

そういえば、落書きって大人になってからほとんどしていないかも・・・?

落書きってココロの解放感を味わえて楽しいものですが、

広いスペースで好きなように落書きするチャンスってなかなかないですよね。

「水森亜土さんのように、大きな板などに描けたら楽しそう」と思いつつ、

日常生活の中ではそんなスペースもなく・・・。

そんな大人たちのための「落書きCAFE&BAR」。

童心にかえって描きたいものを描きまくる。そんな夢のスペース。

【なんと食べられる文房具も!】

出典 http://pentel-rakugaki.jp/

こちらのカラフルおつまみセットには、

よく見るとクレヨンや消しゴムが混じっていますが、

これ、全部食べられるだそうです!もったいない・・・食べるのが惜しい!

どんな味がするのか想像もつきませんね。

消しゴムなんて、ゴムの香りしか想像がつかない。

出典 http://pentel-rakugaki.jp/

修正液ソーダ。あの青色が再現されています。

このビスケットのプリント気になる・・・!

日比谷バーとぺんてる女性社員とで共同開発したそうです。

こういう大人のウィットに富んだ遊び心、ワクワクしてしまいます。

文房具好きにはたまらない空間。もちろん、店内には

自由に使える文房具がいっぱい。

出典 http://pentel-rakugaki.jp/

クレヨン、どうやらチョコレート製だそうです。

インスタ映えする見た目。

出典 http://pentel-rakugaki.jp/

パンに修正液で落書きできるメニューも♪

これはいい思い出ができそう^^またの開店に期待です!



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.