自分が女子高生だったら真っ先に買う!マヨネーズ修正テープ

自分が女子高生だったら真っ先に買う!マヨネーズ修正テープmayo1

【自分が女子高生だったら真っ先に買う!おもしろ修正テープ】

私は残念ながら、とっくに女子高生ではないけど、

女子高生気取りで買いたいと思うオモシロ文房具がコレ♪

「マヨネーズ修正テープ」。

余談だけど「修正」を英語にすると「コレクション(Correction)」らしいですね。

今初めて知りました。というわけで、正式名称は「マヨネーズコレクションテープ」です。

ちょっとアメリカナイズされたマヨネーズデザイン。

キューピーさんのマヨとはちょっとカタチが違うけど、それもまたオシャレです。

絶対女子高生の食いつきいいだろうな、と思ったら、レビュー年齢層がやっぱり若い!

女子高生って、文房具を話のタネにすることが多いので、

こういうの真っ先に持ってたら、それだけで小一時間は盛り上がれる生き物です^^

mayokecha

マヨだけでなく、ケチャップ型もあるんです♪かわいいなぁ~(*´ω`*)

テープでなく、修正だったらもっと雰囲気出たかもしれないけど、

じゃあケチャップは赤い修正液になるのかってハナシなので、ちょっと不可能?mayo2

このとおり、リアルにキャップを外したら思いがけず修正テープ!

見た目のインパクトで勝負の一品。

【修正液も修正テープも進化の一途!】

syuusei-eki

昭和生まれの私は、学生時代、修正液があまり好きではなかったです。

まず、インクが油分と分離するので、使う前に強く振らなくてはならないし、

揮発性の独特の香りも刺激が強かったんですよね。

また、ペン先が固まりやすく、インクが出ないと思って軸を押してたら、一気に出てきたり(笑)。

けっこう修正液とは長らく格闘したものです。

で、修正液のメーカーさんの努力の賜物か、だんだん使い勝手が向上していき、

社会人に上がる頃には、かなり液が固まりにくくなっており、デメリットがかなり改善されてきた。

それより先に台頭してきたのが、修正テープでした。syuusei-tape

修正テープは、修正液のように液ダレがなく、固まるまで待機しなくていい点で、

すごく優れた製品だと思います。貼ったあと、上から文字も書けるし。

でも、物事にはかならず両面がある。

修正テープって、イチ方向にしかラインが引けない。

また、テープ幅が一定なので、文字サイズによっては二重、三重にして紙面に凸凹ができることもある。

そして、うまくカットできない、などのデメリットもあったため、

ペンケースにいつも修正液&修正テープの両方を常備してた記憶。

でも、最近の修正液も修正テープも、ものすごい進化を遂げてるんですね~。

オトナになって、だんだん「筆記具=書ければいい」みたいな

最低限の機能しか求めなくなってしまってたんですけど、

さいきんの便利文房具を見ていると、学生時代並の文具へのコワダリ&情熱

ふつふつと蘇ってきます。

もちろん、機能面だけでなく、マヨネーズ修正テープみたいな面白グッズも大好き^^

日本人ってチマチマした機能に目がない民族だと思うので、

これからどんな最先端技術を搭載した文房具が開発されるのか、すごく楽しみです♪



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.