筆ペンの常識を覆す!PILOT「筆まかせ」簡易筆ペン

筆ペンの常識を覆す!PILOT「筆まかせ」簡易筆ペン

筆ペンって得意ですか?私は大のニガテです。

それってやっぱり筆の先がしなるから、うまく書けなくて

イライラしちゃうからだと思うんです。芳名帳とかでも妙に太字になって

文字が潰れたり、画数の多い文字はバランスが最悪に。

でも、このパイロットさんの細字筆ペン「筆まかせ」は、本当に書きやすいんです。

【店頭で3度試し書きして購入を決意。やっぱりイイ】

文房具って大好きです。安くてカワイイのをいろいろ集めちゃいます。

でも、日ごろ使うのは100均のボールペン1本だったりして、

98%がお飾りと化している。「なるべく今後は買わないように・・・」と反省し、

とくに気軽に買いそろえてしまうペン類には慎重になっています。

でも・・・

本屋さん併設の文房具コーナーで、私がココロ惹かれた1本。

それがPILOTさんの「筆まかせ」です。

これは、本屋さんにいくたびに試し書きした結果、

「使える!」と確信したため。

通販などではもうちょっとお値段しますが、私が買ったところでは¥200。

機能的なのに、予想以上に良心的なお値段。

【筆ペンとフェルトペンの中間みたいな書き心地!】

フェルトペンの書き味が好きな方には、おそらくたまらない一本。

先端がシュッと尖りすぎていず、フェルトペンの先端が

ほんのちょっと筆っぽくなっている感じ。柔らかすぎないので、

自分の思う場所に運筆できるんですね。ストレスがまったくない。

ハガキや年賀状にも程よい細さの硬筆。インクジェット紙にも書けます。

そして、普段よりも1ランクきれいな文字が書けるフシギ。

書き心地がソフトゆえに、文字運びも自然とゆっくりになり、

「丁寧に文字を書こう」と思えてきます。

(ふだんはボールペンで自分にしか読めない文字を書き殴っている)

筆ペンほどお堅い感じがせず、しかし上品な文字が書けるのがいいですね。

ハネ・トメ・ハライもお手の物です。

カラーも全8色(2017年初頭時点)と豊富。

ブルーブラックも落ち着いて素敵な色でしたが、

今回は初購入につき、無難にブラックをチョイス。

水性染料。用紙によっては炭黒にも見えます。

「筆ペンはカッコいいけど難しい!」という先入観を払拭してくれる

お手頃な入門編の1本。おすすめです^^



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.