「大人の鉛筆」が一周まわって新しい!by北星鉛筆

「大人の鉛筆」が一周まわって新しい!by北星鉛筆

kitaboshi1出典 http://www.kitaboshi.co.jp/

「鉛筆は子供のもの」となぜか思い込んでいる大人

鉛筆=小学生。この思い込みって、

やっぱり自分自身の経験に則してると思うんです。

小学生の間ってもれなく鉛筆づかいなので、

私は「鉛筆=懐かしい思い出の筆記用具」と位置づけています。

でも今日、大型ショッピングモールの文具コーナーを見てみると、

「大人の鉛筆」専用コーナーができてました。衝撃・・・!

子供の鉛筆って、軽くてシンプルで、「使いやすさ第一!」って感じで

軸の柄くらいしかオモシロミがなかった。

でも、この北星さんの「大人の鉛筆」は

アメリカ産高級インセンスシダー材を使用した木の軸で、

シンプルながらぬくもりと高級感がある、まさに”大人向きの筆記用具”。

shin一見シャープペンに見えるけど、じつは鉛筆の長い芯が入っていて、

先端を専用シャプナーで削る仕組みになっています。

この芯先、懐かしいというよりも目新しく感じませんか?

思わず書くことが楽しみになる、木の香りが懐かしい鉛筆です。

オトナのギフトとしてもオススメ。少し鉛筆より重め

kitaboshi

重心も計算された、従来の鉛筆よりちょっと重めのエンピツ。

長時間の筆記でも疲れない構造になっています。

芯を削るときに癒しを感じるオトナも多いそうですよ。

見た感じも、大人の筆記用具。シンプルで飾り気がないけれど、味わい深い。

書き味のみがエンピツで、シャープペンの機能のいいところは残した、

合理的な1本といえます。

shapner

ちなみに芯削りはこんな感じ。シュリシュリと先端をキレイに尖らせるのが楽しい。

じつはこの芯削り器、刃を使っていないんです。

なのになぜかキレイに削れるフシギ。昭和35年に開発されたものだそう。

レトロ筆記用具をお好みの方にギフトするのもよさそうです。

otonano私はこの軸色(茜色)が鮮やかで美しいと感じます。欲しい(笑)。

価格はふつうのシャープペンを変わらない。良心的に500円前後です。

木と金属でできた新感覚の鉛筆。書くことがめんどくさくなっている現代人に、

安らげる筆記用具が必要になってきているのかもしれませんね。



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.