SONY新型デジタルペーパー「DPT-RP1」が近未来的…!

SONY新型デジタルペーパー「DPT-RP1」が近未来的…!

出典 https://www.sony.jp

ここまで来るともはや文房具の領域を超えてしまってますが(笑)、

いちおう筆記具&ノートの用途なので触れてみました。時代に取り残される・・・!

SONYさんが作った、紙と同じように書き込めて読むことができる「DPT-RP1」。

 個人的な感覚では、”液晶タブレットのモノクロ文字特化版”という感じです。

SONY新型デジタルペーパーとは一体?

SONY「DPT-RP1」はその名のとおり、紙をデジタライズしたデバイスのこと。

紙のように枚数がかさむこともなく、薄い板状の大画面1枚で閲覧&書き込みが可能。

PCと連携でき、ワイヤレスで送信や取り込みができちゃうそうです。

PDF形式で閲覧することができるので、拡張子は選びます。

出典 https://www.sony.jp

こんなふうにさらっと紙のノートのごとく書き込むことができます。

画面の反射がなく、明るい場所でも光を反射しないマット仕様。

また、タブレットなどにありがちな「カツカツ」した書き込みの音とも無縁。

反応も非常に早く、ノンストレスで文字を書き込むことができます。

ただし、カラーではなく書き込む文字色は黒一色となっています。

(※資料にマーカーを引くときはカラーあり)

ペン側の消しゴム機能でサッと消せるのが嬉しい。レスポンスもばっちりです。

閲覧の紙送りや拡大/縮小もお手の物♪

出典 https://www.sony.jp

我々が電子書籍などでちょっと不都合に感じるのが、紙送り時の反応の遅さ。

ですが、このSONY製デジタルペーパーに至っては、そんなストレスもありません。

取り込んだ文字や図を拡大するのも簡単。何枚もの紙を小さく一覧にして見ることもできます。

これがあれば仕事が捗りそう。アイデアなどもさっと書き込めるのが嬉しいですね。

これだけ最先端機器なので、正規の価格は8万円弱となかなかのもの。

個人の趣味で買うにはお高めかもしれませんが、仕事の能率化にはぜひ取り入れたいところ。

こうなると「文房具とは何か?」と考えさせられますね。

文房具とはそもそもアナログなもの。ですが、このようにデジタルと融合した商品が

これからたくさん登場することを思うと、アナログ⇔デジタルの境界がアイマイになっていく。

一度使いこなせるようになれば、もう元のアナログorデジタル一極には戻れないかも?

 

センサーで色を読み取り再現するペン「Scribble」が近未来的♪

ペーパーレスLIFEに♪電子メモ『ブギーボード』最高!

電子吸着ボード『ラッケージ』静電気でメモをペタッ♪

 

 

 



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.