欲しかった!キングジムの”ボツ商品”「円周率ノート」

欲しかった!キングジムの”ボツ商品”「円周率ノート」

文房具って、正直言ってムダなデザインの集まり(笑)!

だって、必要最低限、筆記に事欠かなければいい話なのに、

やっぱりアレやコレやと機能やプラスαを求めてしまう。

そして、このボツになった「円周率ノート」もそんなムダな遊び心の一つ。

【キングジム「円周率ノート」がムダに可愛い!】

とはいえ、このノートは販売にならずお蔵入りになってしまった商品。

キングジムさんで商品化されずボツになってしまったノートで、

なんとノートの罫線が円周率になっているのです(!)。

これ以上のムダな遊びはないというくらいにムダ・・・!

でもそれこそが、文房具の魅力だと私は思うんです。

※拡大※

3,14の円周率にちなみ、3月14日に314円で発売の企画だったもの。

しかし、ボツになり、キングジム公式ツイッターで公開されたところ大反響!

「欲しい」「作ってください」などの声が寄せられましたが、現在のところ

発売の予定はないのだそうです・・・(もったいない!)。

円周率はニガテだったけど、このノートはすごく欲しいし、

誰かに贈りたいとも思ってしまう、魅力的なデザインノートです。

【314日使用すれば円周率も身に付くかも!?】

出典 https://twitter.com/

キングジムさんはツイッターでボツになった商品をアップしています。

その中で、思いがけず反響のあった「円周率ノート」。

「314日使い続けると、円周率が身に付く」という素敵なジンクス付。

もっと早く出会いたかったかも(笑)

ちなみに円周率って、ふつうは3,14で計算しますね。

一時期、円周率は「3」となっていましたが、これはゆとり教育のため

数学の進捗状況がそうさせた(小数乗算の桁数制限などで規程が変わった)だけで、

「3でOK」と定まったワケではなかったそうです。

(私も「3でOKになった」と耳にした記憶が・・・)

小数点があるために計算式が複雑になり、凡ミスが起きやすかった円周率。

今さらですが、「3」でいいのなら、それに越したことはありません(笑)

そうそう、円周率で思い出すのが、ものすごい桁数を暗記していた猛者(もさ)

必ずクラスに数人いた、ということ。円周率は現在でも割り切れる数字ではなく、

「無理数」扱いのままだそうです。

桁数は2013年時点で8000兆桁目を確認済みらしく、暗記者たちも

どこまで覚えられるか競い合っていたような記憶があります。

なんにしても円周率は、数学のニガテなものにとって

苦い記憶とともに蘇るワードではあります(笑)でもこんなノートなら

円周率をもっと好きになれていたかもしれません。



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.