ペーパーレスLIFEに♪電子メモ『ブギーボード』最高!

ペーパーレスLIFEに♪電子メモ『ブギーボード』最高!bb1

【私も愛用してます!電子メモパッド「ブギーボード」】

キングジムの電子メモパッド、「ブギーボード(Boogie Board)」。

静電気を利用して文字や絵が描けるチョイ書きメモ帳ですが、

これ、一度使い勝手の良さを実感するとヤミツキになってしまうんです。

ドコモなど携帯ショップのお姉さん方も愛用しているのを見かけます。

書いたデータは、このタイプのブギーボードでは保存できません(保存するなら上位互換版を)。

bb2

タッチペン付きで、筆圧に合わせて太さを自在に変えることができる滑らかな書き味が魅力。

サイズや枠カラーはいろいろ選べます。お値段もまちまちです。

ちなみに、書いたメモの長期保存には不向き。なぜなら、

bb3

この真ん中上部にあるイレイサーボタン1発で、全消去になってしまうため。

「そんなの、手が当たったりして書いたものが消えたら困る!」と思っちゃいますが、

このボタンは通常ペンホルダーに覆われているため、誤動作で消してしまうことはまずないです。

黒い黒板に白で線を描くように、わりとくっきりした暗緑白色のラインが引けます。

【用途が幅広い!ペーパーレスでエコ】

bb4

メモ方法って、個人の好みがかなり反映されますよね。

紙に書きたい人、スマホでポチポチ入力したい人、スマホの手書きモード派の人。

それぞれのメモ形態に一長一短があると思うんですが、

ブギーボードはまず面積が広いので、文字だけでなく図式や絵なども描けるのがメリット。

お子さんの文字の練習や、覚書、伝言版に。

簡単な予定の書き込みや、試験などの繰り返しの暗記内容を描き込むのにも◎。

騒音の激しい場所(工事現場など)の会話にもお役立ち。

思考の整理や筆談、電話メモなど、ビジネスや遊び、勉強に幅広く活躍してくれます。

書いたものは保存できませんが、一瞬で消せるというメリットがあるので、

消しゴムで消す手間も不要、ペンのインク切れの心配も不要。

電池式なので、電池切れの瞬間はいつか訪れますが、消去回数は5万回とかなり使えます。

電池は単六アルカリ×2本。旧型のものは電池交換不可でしたが、現在は可能。

便利と感じるかどうかは人それぞれでしょうが、私は便利に活用していますし、

筆記ツールとして単純に面白いのでお気に入り。

ただ、サイズが大きくなるにつれ、価格は跳ね上がりますので、

そのあたりはお財布と相談ですね^^



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.