シャチハタ『シクオス』◆敷いて捺せる!印マット付き朱肉

シャチハタ『シクオス』◆敷いて捺せる!印マット付き朱肉shikuosu4

【”敷く+捺す”。2機能付の便利なマット付朱肉】

「”敷く捺す”=シクオス」。ダジャレのような面白ネーミングの

印マット付朱肉が、シャチハタさんから登場しています。

こういう着眼点って素晴らしいと思うんです。商品開発の人はすごいなぁ。

「あとここがもうちょっとこうだったら・・・」と消費者が自分でも気づくことなく

ちょっぴり不便に思っていることを商品にする。

「そうそう、欲しかったのはこの機能!」って思うんだけど、使っているそのときは

意外と気づかないものです。だって、印鑑と印マットと朱肉いうのは

別々に、セットで持ち歩くものだと思い込んでいるモノ。

もしも出先で印鑑を捺すことがあっても、銀行さんや市役所さんで用意があるし、

なければないで、平らな個所を探せばいいだけなのです。

だけど、ハンコってなかなかうまく捺せないもので、不器用な私などは

欠けた月のようになってしまったり、ブレて二重ににじんだり。

地味に自分にイライラする捺印動作。そんなイライラを解消してくれるのが、

shikuosu2このグミキャンディーのような見た目の可愛い「シクオス」。

よく見る、あの黒の丸い入れ物ではありません。色もカワイイ♪shikuosu1

この発想はありませんでしたね。フタが印マットになるなんて。

印マットって、ある程度面積がないとダメ、という思い込みがあったんですが

サイズ的にもこれくらいで十分ってこと、今さら気づきました。

【耐久性も捺しやすさもバッチリ。インク補充もOK】

印マットになっているフタ部分は、弾力のある素材を使用とのことで、

捺しやすさもバツグンだそう。硬いテーブルの上などで捺すと、

どうしても硬すぎて慎重に捺しすぎてしまい、インクがにじんだりかすれたりしがち。

そんな捺印時のプチ悩みを解消してくれる便利グッズです。

shikuosu3

このとおり、一般の印鑑に向いています。

大きな四角い社印だと朱肉サイズ・マットサイズともにはみ出してしまうので

普段使い用。ただ1つ、上のように端のほうに印を捺す場合はいいのですが、

紙の中ほどだと、マットをその場所に合わせるのが少し難儀するかも?

欲を出して、下からライトで照らせるような仕組みができたらいいのになぁ、

なんて勝手に思っちゃいました^^duo

さらにシャチハタさんからは、「シクオス デュオ」というキットものも出ています。

丸印(大・小)を収納でき、朱肉とブラシ、印紙濡らし、印マットが1つにまとまったもの。

ちょっと大きめの丸印でもOKです。印鑑収納部はスタンドで起こせるようになっているため

サッと取り出せて便利。革命的なアイデアグッズ、これは欲しくなる!!



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.