劣化知らず!無印良品の15年モノ文房具

劣化知らず!無印良品の15年モノ文房具

長く使っているのにまったく劣化しない文房具が手元にあります。

それは無印良品のアルミ系文房具。ほんとに劣化しないので

”捨て時”なんてものがありません^^

もちろんぶつけたりして多少細かい傷はついているものの、ヘコミや歪みもなく、

買った当初とほぼ同じ状態を保っている。これってすごいことですよね。

アルミがいかに強いか、無印良品の製品がいかに頑丈ががよく分かる一例。

水気にも強いため、そのまま丸洗いしたこともあります。

かなりの時間持ち歩き、バッグの中でもみくちゃになっていたにも関わらず

この品質を保っている。

何度開閉したか分からないパカパカのフタ。これもすごくシンプルな作りです。

ただパチンとはめ込むだけなんですが、今でも緩みがまったくナシ。

当時、ポリ系の大きなソフト透明ペンケースも使ってましたが、

さすがにそっちは汚れてしまい、今は手元にありません。

今、透明のは無印に売ってないみたいですね。そのかわり、

メッシュ素材のペンケースが増えています。そういえば周囲は

ポリプロピレンの半透明BOXケースを愛用してる人が多かった。

このアルミペンケース、床に落とした時の金属音はハデですが、

スタイリッシュで個人的に好みのデザインです。あまりたくさんのモノが入らないけど

そのスマートさもかえっていいんですよね。厳選してペンを持ち歩くことができます。

【ほか、無印シャープペンも当時のまま(15年)】

じつは、無印のシャープペン&替え芯まで15年前のまま持っています。

替え芯の外側はボロボロですが、中身も健在、問題なく使えます。

このシャープペン、今も「アルミ六角シャープペン」として販売中ですが

よくみると形状がちょっぴり変わってるんですね。ノック部分が細くなっている。

すごく細いので、手の大きい人にはちょっと書きづらさがあるかも?

また、冬はちょっとひんやりして手がかじかむことも(笑)というわけで、

暑い時期にこそオススメです。表面には細かなヘアライン加工がほどこしてあり、

指紋など汚れが付きにくく、さらっとした感触。見た目のシャープさが人気です。

これ、ロングセラー商品だと思うんですが、

こんなに劣化知らずだと頻繁に買い替えることも少ないので、

無印さんとしてはあまり儲からないんじゃないか、とか

下世話なことを考えてしまったりします^^



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.