【ガラスペンの優美さ】異国情緒あふれる文房具

【ガラスペンの優美さ】異国情緒あふれる文房具glass-pen

【光に透かすとキラキラして美しい!ロマンチック文房具】

つけペン、万年筆、羽根ペン、ガラスペン。

最近の筆記用具はこの上ないくらい便利に進化しているけど、

ちょっと手間のかかる文房具っていうのも味わい深くてロマンチックです。

ガラス工業が盛んな地域にいくと、お土産物売り場でひときわ目を引くのが

この”ガラスペン”です。壊れそうな細工、ちょっと扱いにどきどきしちゃうんだけど

その儚さすら魅力的な文房具のひとつ。インテリアとしても素敵。glass-pen1

でも、ちょっと気遅れしてしまうガラスペン。

書き心地やお手入れ、インクのつけ方などはどうなっているんでしょうね。

じつはガラスペンって、万年筆よりもお手入れが簡単なのだそう。

内部を洗浄する必要もなく、汚れたら表面を洗い流せばいいだけ。

また、インクカラーも充実。自分のラッキカラーや好きな色でお手紙をしたためる。

それだけでワクワクしてしまいます。

ガラスペンのイメージって、「途中でインクがかすれそう」というのがありますが、

意外とインクの伸びはいいそうで、ペンさえ乾燥しなければ、1度インクを浸すだけで

ハガキ1枚くらいはゆうに書けてしまうのだとか(!)。全然知りませんでしたね^^

イメージだけで敬遠してしまうには惜しい筆記用具。なんでもお試ししてみなきゃ分からない!

【価格もいろいろ。お手頃なものから高級なものまで】

glass-pen2

こんなセットものを手にしたら、ドキドキしてしまいそうです。

お誕生日ギフトなどにもオススメ。特別感がありますからね。

じつは、ペン先の太さもいろいろ選べるんですよ。

ペン先は、取り換えられるものと、軸と一体になっているものとの2種類があります。

使い勝手のお好みで選んでみましょう。

glass-pen3

これなんてすごく素敵なガラスペンセットですね。

こんなのを手にしたら、すぐにでも手紙を書きたい衝動にかられそうです。

まるで理科の実験キットのよう。こういうセットものに弱い人って多いのでは?

手紙に封をするロウも、いかにも海外式で憧れてしまいますよね。

ペン先は、ボトル底に当てないようにしながらインクを浸します。

ペン先は欠けやすいため、大事に扱います。

ペン先の1/3ほどにインクを浸し、軽く拭って文字を書きます。

ガラス製だというのに、なめらかにインクを吸い上げる仕組み。

溝が彫ってあるので、そこに吸い込まれるようになっているんです。

少し引っかかりのある書き味も、ガラスペンの魅力なのだそう。

ガラスペンのコレクターも多いのだとか。確かに集めたくなる魅力満載ですね。

ブランドも多く、いろんな斬新なデザインや色が出ています。目移りしちゃいますね。

ガラスペンで文字を書くと、一文字一文字が大切に思えてくるでしょう。



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.