スティックのりよりも「テープのり」が便利な理由とは?!

スティックのりよりも「テープのり」が便利な理由とは?!399afb272e414cc5b7fda38b41473822_s

スティックのりよりも「テープのり」が便利な理由とは?!

テープのりとは?

誰もが、のりを使って紙を貼り付けることがあると思います。

その時に使用する文房具として、セロテープなどのテープ系以外では、液体のりスティックのりなどがあります。

最近売れている「テープのり」もその一つです。

使い方は、片手で握れるぐらいの大きさのテープのり本体を持ち、先端部分を貼り付けたい紙にあてます

そしてまっすぐに先端を移動させる(引く)ことで、テープに付着していたのりが紙に貼り付けられ、テープのみが本体に巻き取られるという仕組みです。

テープのりの利点

XZT514_btn

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/dotliner/jr/

液体ののりと異なり、手が汚れることが少ないのがメリットです。

テープの幅が細いので、細かな部分もしっかりとのりづけすることができます。

のりを乾かす必要もなく、すぐに紙を貼り付けることができます。

貼り付けた後も、貼り付けた紙がしわになったり凸凹になったりせずに、きれいに仕上がるのです。

今までののりと比較すると、端までしっかりのりづけできて、短時間できれいに仕上がり、接着力も強いという利点があります。

短所は、価格が高めである点でしょうか。

大切な書類など、ここぞというときに使用するといいかもしれません。

本体とは別に、詰め替え用のテープのりも別売りされているので、これを利用すると少しは価格を抑えられます。

進化しているテープのり

jr_lineup_img01

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/dotliner/gara/

従来のテープのりは、テープ部分全体にのりがついているタイプでした。

このタイプでは、先端部分を紙にしっかり押し当てないと、斜めになっている場合はテープの幅の一部ののりしか貼り付けられないことがありました。

貼り付けられずにテープに残ったのりは、テープの巻き取り部分などの本体に付着して、だんだんベタベタになってきます。

しかし、最近発売されているテープのりでは、テープの全面にのりがついているのではなく、ドット(水玉状)にのりがついている商品が増えました。

ドット状の方が紙に多くののりが貼り付くので、しっかりとのり付けでき本体のほうもベタベタしなくなるのです。

ドットにも、ピンクのハート柄など、色々な種類があって楽しめます。



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.