三菱uni「ナノダイヤ」激硬シャープペンの芯に賛否!

三菱uni「ナノダイヤ」激硬シャープペンの芯に賛否!nanno1

【折れないシャープペンがあるなら折れない芯もあるはず】

文具コーナーめぐりをしていると、

最近はとにかく「芯が折れない」を猛アピールするシャープペンが目白押しです。

「もし折れたら全額返金」をうたうメーカーさんもあったりで、

今シャープペンの”芯が折れない”ことはすごく重要なポイントらしいです。

で、今日文具コーナーをウロついていたとき、

「折れない芯ってないのかな?」とふと気になったんですね。

芯の折れないシャープペンに、折れない強い芯を使えば、

パーフェクト級に折れない筆記具が完成するんじゃないかと思い、芯コーナーを見てみたら

ありました!三菱ユニ(uni)ブランドの「ナノダイヤ」という製品。

「低摩耗」&「濃い描線」を売りにしている商品です。

なんと、60mmの芯一本あたり、およそ4億個のナノダイヤが配合されている(公式サイト情報)とのこと!

ナニソレすごい!4億個という数があまりに大きすぎて、どれだけ高密度か計り知れない(笑)

しかも、ケースも従来より取り出しやすくなっていて、

出したい本数を開け口で調節できるのだとか。どんどん進化する芯の世界、奥深いです!

【芯が折れなくなったら、芯の売れ行きってどうなるんだろう(笑)】

大きなお世話かもしれないけど、

私の学生時代を思い出すと、芯ってポキポキ折れるからこそ

新品を買い足していたような気がするんですね。

なのに、最新のシャープペン芯事情は、ちっとも折れず、しかも低摩耗ときている。

「磨り減りが遅くて芯が折れなければ、芯の売れ行きって落ちちゃうのでは?」と

素人考えの私は思ってしまうんですけど、そんなコトないのかな?(笑)

企業秘密なんでしょうか?ちょっと気になるところ。4bところで、この「uniナニダイヤ」、使い勝手に賛否があります。

やっぱり、折れにくい芯=硬い、引っかかる、などの弊害が生まれる様子。

筆圧や書くときの角度にもよるのでしょうが、人によっては使いづらいと感じる人もいる。

というわけで、売れているのが上の4B芯。4Bってめちゃくちゃ濃そうなんだけど、

硬さと濃さを同時求めるのなら、これくらいの柔らかさは必要なのかもしれませんね。

というわけでこの4B芯、すごく高評価です。redほか、人気なのがこの「uniナノダイヤ カラー芯」です。赤と青があります。

自分の子供時代にもカラー芯って流行ったんだけど、

どれも強度不足でポキポキ折れてたので、けっきょく使わずじまいでした。

でも、このナノダイヤ製品だったら、折れずに書けるんじゃなかろうか。

そう思って評価を見てみたら、やっぱり「ちょっと薄い」とありますね。

発色と濃さに不満を持つユーザーさんがチラホラ・・・。

(消しゴムで消しやすいらしいですが)

たしかに色が混じることで、強度や書き心地が落ちるのはなんとなく頷けるかも?

鉛筆の芯の開発ってものすごく難しそうだし。知識もないのでなんとも言えないんですが、

色鉛筆並みに鮮やかな発色&折れない硬さ&消しやすさ&濃さを同時に求めるのって

めちゃくちゃ大変そう!って思っちゃいます。

でも三菱さんなら、この高度な要求を満たす芯を開発してくれそうな気がします^^



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.