『スマッシュ』その名のとおりスマッシュヒットなシャープペン

『スマッシュ』その名のとおりスマッシュヒットなシャープペン

ぺんてるさんから発売されているシャープペン「スマッシュ」。

 

文字どおりスマッシュヒットのこのシャープペン、

実は30年前にすでに発売されているロングセラー商品。

にもかかわらず、世の男子の羨望の的であり続けているんです。

なぜ?数々のシャープペンの中でも光る理由

文房具ブームはすでにここ数年過熱の一途。ですが、それをしのぐ勢いで

売れているこの「スマッシュ」。学生さんの「欲しい」という声が後を絶ちません。

 

じつはこの「スマッシュ」、原型は製図用シャープペンシル。

「グラフ1000」というシャープペンを一般用途に変えたものだそう。

 

価格は発売当初よりずっと¥1000のまま。

1本1000円という価格は決してお安くはなく、まして

学生さんの間では高価な部類に入る筈。なのに

それを「高い」と感じさせない魅力が備わっている模様。

まず、製図用ということで全体的にタフであることも人気の1つ。

そして、この凸凹グリップや、先端の口金&グリップを一体化させたデザイン。

先端を指先で握ってもフラット、かつしっかりホールドできるのも魅力です。

 

マットな金属グリップは段差を感じさせず、強度をしっかりキープ。

見た目もクールでオシャレ、そして丈夫な設計であるのが男子に人気の理由。

 

現在、高機能なシャープペンが世に多く登場していますが、そんな中でも

この「スマッシュ」は上々の売れ行きを見せているのだそう。

 

上部のノック部が蛇腹になっており、なんと10万回のノックに耐えうるのです。

見た目もいいのに機能も抜群。飛びつかないワケがありません。

 

また側面には、芯の硬度を表示する丸窓もついています。

これがまた遊び心をくすぐるんですよね。製図用に付加された機能でしょうが、

それがそのまま一般化したあたり、ギミックに満ちた面白さを感じさせます。

ロフト限定のカラーも続々

ちょっと価格は上乗せになりますが、ロフトでは限定のこんなカラーも。

こちらはシルバー。爽やかでクールなデザインが印象的。

また、こんなマットな絶妙グリーンも。これは品薄になるのも頷けます。

 

プロっぽさを醸し出す見た目は、こだわり派さんのココロをくすぐりますね。

思わず自慢したくなる1本です。

 

【モンテベルデ】ギミックに満ちた9機能6面体ツールペン

USUSマグネット式ボールペン(アルミ)がスタイリッシュ!

芯に技アリ!大手3社の”スゴ技シャープペン”TOP3♪

 

 

 



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.