万年筆の「kakuno」をオススメ!kakunoの魅力とは?

万年筆の「kakuno」をオススメ!kakunoの魅力とは?

http://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/fountain/kakuno/

万年筆のkakunoをオススメ!万年筆って、手が出しにくい?

私は実際にこう思っていました。

元々文具が大好きで、学生の時にしたアルバイトも文具売り場に配属されたこともあり、色んなボールペンの新作が出ては購入し使ってきましたが、万年筆には手を出したことはありませんでした。

値段が高いから、インクはどうするのか、この2つが購入を躊躇わせていました。

身近に万年筆を使う人がおらず、馴染みがあまり無いというのも原因の一つです。

もちろん高いと言ってもピンからキリまであるものですが、売り場の中でも鍵つきのケースに保管され、高いものだと数万円するものもあります。

学生からすればとても高価に思えたのを覚えています。

万年筆のkakunoとは?オススメする理由は?

それから数年して、仕事でボールペンを使うので文具売り場を見ていて出会ったのが、このkakunoという商品です。

価格は千円程度と、とても手が届きやすい値段で、インクもカートリッジ式の差し込むタイプのものでした。

このkakunoに出会って、私の字を書くことに対しての意識は一変しました。

あまり字に自信がなく、鉛筆の持ち方も下手で、人前で文字を書く事に対してすごくコンプレックスを持っていました。

きれいな字が書きたい、連綿体のような書き方が出来るようになりたいという憧れもありました。

このKakunoを使ってみて一番に、今までの持ち方では指にインクがついて手が汚れてしまうという問壁にぶち当たりました。

kakunoをオススメ!万年筆のkakunoを使って変わった事

今までの持ち方では駄目だとはっきりと認識させられたことによって、持ち方を直して字を綺麗に書けるようになろうと思うようになりました。

鉛筆の持ち方からインターネットで調べ直して、まずは持ち方を矯正しました。

あとは自分が綺麗だと思うお手本になる字を見ながらバランス、間隔等を真似て、何度も書いて練習しました。

その結果、今ではすごく綺麗とまではいかないものの、人前で字を書くことに対しての恐怖は全くなくなりました。

一つの文具との出会いが、私をここまで成長させてくれた。

このKakunoという万年筆に、とても感謝しています。



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.