S&Wタクティカルペンの無骨さがソソる!

S&Wタクティカルペンの無骨さがソソる!

S&W(スミスアンドウェッソン)といえば、ルパンの次元大介のM19ピストル。

そして、S&Wからはタクティカルペンも出ていて、けっこう人気が高いです。

「タクティカル(tactical)=戦術的な,戦術上の,用兵上の」の意味。

S&Wはファッションアイテムやミリタリーアイテム、アウトドア用品なども

たくさん手掛けているメーカーですが、その中に文房具も含まれています。

ピストルを思わせるようなボディが素敵。見た目だけでソソられてしまいます。

タクティカルペンといえば、とにかくどんな状況下でも使えて頑丈で便利という

実用性を追求したものですが、見た目もかなりオトコマエでカッコいい。

ちょっと重くて長め、書き味などは通常のボールペンと大差なかったりするんですが、

これ、さすがに銃器メーカーのものだけあって、護身用にも使えたりします。

全体が流線形になっており、先端がかなり尖っている。

というわけで、硬いものの貫通とまではいかずとも、

敵をひるませる威力くらいは十分に備わっているのです。

キャップのてっぺんにはS&Wのロゴ。滑り止めもついています。

世の多くの男性をトリコにするデザイン。

【クラッシャーが先についているペンもあり】

いざという時に身を守ってくれる文房具。サバイバル時に便利です。

使いようによっては、緊急時に命を救うことだってあるかもしれない。

たとえば、この先端がクラッシャーになっているタイプは、うまく使えれば

クルマの窓ガラスだって割ることもできます。

川の氾濫などでクルマに閉じ込められて身の危険を感じる場合、

シートベルトのバックルを使うのもいいですが、こういうものを携帯していれば

ちょっぴり安心感が違うかもしれない。モノをクラッシュする目的で作られているので

その点、バックル割りするよりは容易いかもしれませんね。

(とはいえ、1度も割ったことがない)

ほかにも、密閉袋が開かないなど、刃物がない状況下でもこの1本があれば

かなり気持ち的に違うはず。もしもに備える意味でのタクティカルペン。

このゴツさ、身に着ければ男らしさも数パーセントUPしそうです。



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.