【マツコの知らない世界】蛍光ペンの先が筆になっていた!?

【マツコの知らない世界】蛍光ペンの先が筆になっていた!?hude

マツコも「なるほどね・・・!」と超納得の蛍光筆ペン

『ZIG ブラッシュハイライト サッと C+』。

呉竹さんから出ている”筆ペンタイプ”の蛍光ペンです。hude1

私たちが知っている蛍光ペンといえば、先端が硬質のスポンジみたいな素材で、

スクエアで面取りされたカタチですよね。・・・えっと、うまく言えないので画像で!

kerikou

従来型はコレしかなかった。しかし、今は

hude3

こうなっているんですね~。この進化にはいったいどんな意味が?

アナログ人間としては、蛍光ペン先が筆になるメリットが思い浮かばなかったんですよ。

マツコさんも同じくでした。「マツコの知らない世界」で放送された文房具の回で、

文房具ソムリエーヌとして登場した菅さんという女性にこの筆記具の存在を教わり、

「え・・・なんなの?(不審)」みたいな反応っぷりだったマツコさん。

じつは、ペン先が柔らかい=太さを自由自在に変えられる、ということだったんです!

マツコさん、絶句「なるほどね・・・!」とフリーズしていらっしゃいました(笑)

固いペン先だと、同じ幅にしか蛍光ラインが引けない。

でも、ラインを引きたい箇所の文字が太かったり細かったりした場合、

筆ペンタイプなら自在に描線をチェンジできる、ということです。

ペン先が柔らかくなることで、遊びがきくようになる!

hude2この数式の囲み&「重要!!」の文字。なめらかですよね。

そう、蛍光ペンが筆ペンになったら、文字も描けるんですよ。

もちろん、従来型の固いペン先の蛍光ペンでだって、文字を書くことは可能でした。

だけど、角ばったペン先だと、軸を回転させて程よい太さのところをいちいち探してから

書かなくてはいけなかったハズ。その手間が、この筆ペンでは不要になるんです!

この着眼点はすごいですよね。

また、分厚い教科書や辞書に蛍光ラインを引く場合、

冊子のホッチキス綴じ周辺は、ページが丸みをおびているのでラインが引きづらかったはずです。

でも、この蛍光筆ペンだと、そんな”プチイラ”も見事に解消。スバラシイ。

zig呉丈さんからは、いろんな種類の蛍光筆ペンが出ています。

どれも高評価ですね~。カラーバリエーションもこんなに増えている。

我々アナログ人間の学生時代には、蛍光ペンといえば黄、緑がメインで、

ほかはオレンジ、ピンク、紫などがサブ的に売れていた気がしますが、

24色という繊細な色揃えは、かつてなかったもの。

ああ、今の学生さんが羨ましい・・・!

さらに、蛍光筆ペンは細かい描線が可能なため、色塗りにも最適!

ぬり絵のような細かい作業だって、軽いタッチで線を引くことで可能になります。

直線も曲線もOKの蛍光筆ペン。時代のニーズに的確に応えてますね。



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.