サンスター文具「かどまるPRO」で紙の端をきれいに丸くカット♪

サンスター文具「かどまるPRO」で紙の端をきれいに丸くカット♪

「かどまるPRO」と聞いて、最初どんな文房具だかまったく

想像できなかった私。写真を見て「なるほど・・・!」と膝を打ちました。

「かどまるPRO」はアマゾンの穴開けパンチ部門でNO,1となっていますが、

いったい何のために存在するのでしょうか?

【紙の端を丸くカット処理してくれるパンチング器】

「かどまるPRO」とはその名のとおり、(紙の)くしてくれる文具です。

ただなんの目的に使うのか、ちょっとナゾに思った私。

「紙の四隅を丸くカットするケースって何かあったかな?」

と考えてみると、私の場合は折れやすい紙の角を丸くしたいかな?と思いました。

ほかには、写真に丸みを出すため。

スクエアカットの写真ばかりじゃ味気ないですが、

角を面取りすることで、思い出の写真の雰囲気が柔らかくなる気がします。

ほかには、名刺なんかの角を取るのもいいかも?

・・・意外と使い道ありますね(笑)

 

なるほど、こうやって使うんですね^^

カブトガニみたいな形状、パッと見では何に使うのか分かりづらいけど、

いったん使いだすと、紙の角を探して丸くカットするのにハマってしまいそうです(笑)

【なるほど納得!紙の角で手をケガしない!】

紙のデザイン的な目的以外にも、お年寄りやお子さんが

鋭利な紙やラミネートの角で指を切ったりしないように

処理できる側面も・・・って、

紙だけでなくラミネートまでカットできちゃうんですね、スゴイ!

普通紙なら3枚まで、ラミネートなら100ミクロンの厚みまでOKだそう!

ラミネートなら、掲示物やデザイン印刷物などの四隅を丸くするのも素敵かも。

また、ハガキの四隅をカットして、ソフトな印象にしたりする目的にも(なるほど・・・!)

発想が貧困なので用途が不明だったんですが、

そういわれてみると使い道はすごく広がりそうな気がします。

私がちょっと思ったのは、カレンダーの四隅。

カレンダーって角がすぐ折れてきちゃうんですが、これで丸くカットしたら

折れにくくなりそうな気がしました^^やってみたい!

自分でハサミでカットしたら、きっと切り方がマチマチで汚いことになりそう。

というわけで、このグッズなら機械裁断するかのような美しい断面

生み出せそうですよね。

ちなみに「かどまるPRO」には3種類のカットサイズが搭載されており、

S/M/Lの丸みをつくることができるそうです。

紙のサイズに応じて、カットする円の径を変えられるというワケです。

カットした切れ端も、飛び散らない安全設計になっています。

いろんな工夫がぎゅっと詰まった1台。

こうも至れり尽くせりだと、ちょっと欲しくなってきちゃいます。



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.