「わたく紙(し)」~自分の身代わり付箋が可愛い♪

「わたく紙(し)」~自分の身代わり付箋が可愛い♪

さいきんの付箋の進化はめざましい。

ただ貼るだけじゃなく、プラスαの機能がいくつもついています。

以前、「こころふせん」や「イケメン付箋」について触れたことがありますが、

こちらもその系統。その名も『ワタク紙(し)』(笑)。素敵です。

【あなたの式神になってくれる?ワタク紙の魅力】

この付箋、まるで陰陽師が使う鬼神の紙のよう!

映画などで陰陽師が紙の形の人型を操るシーンが出てきますが、

この「ワタク紙」、真っ先にそれを思い起こさせるカタチの付箋です。

paperable(ペパラブル)という紙ブランドは、

人と人とのペンによる対話を繋ぐブランド。

ちょっとした一筆を”時間の切れ端”と呼び、それを大切にしているのだそう。

たった一言、大した内容でなくても、大事なコミュニケーションメモ。

それをもっと豊かにしてくれる付箋紙です。

土下座(笑)。自分の分身が土下座をしてくれます。

ただの四角い付箋よりも、お詫びの心が伝わるかのようです。

見た目もこんなに愛らしいので、つい許してしまいますね。

やはり人の形をしているというだけあって、説得力が違います。

ねぎらう付箋。くつろぎつつ、手を肩に置いてくれるかのような体勢。

「ゆっくり休んでね」と言いつつ、自分も休んでいるのが可愛い。

癒しカラーであるグリーンを使うことで、目にも優しい♪

手が矢印の役割を果たしてくれたりもします。

人型というだけで、味気無さがなくなり、思わず心が和む。

こんな使い方もあるとは・・・!何とも斬新。

ちょっと工作の要素も混じってますね。送り手のセンスも問われちゃうかも?

【ピリピリしてる職場でもウケそう♪】

怖くてニガテな職場の上司も思わずニッコリ。

とはいえ、遊びすぎに注意が必要ですが、私もデスクの上に

こんな人型が乗っていたら、思わず癒されてしまいそう。

もちろん、ケンカをした家族へのお詫びなどにも。

自分で顔や紙、お洋服を書き込んで遊ぶもよし。

自分そっくりに仕上げて送るのも楽しそうです。まるでもう一人の小さな自分。

全身で、あなたの気持ちを代弁してくれます^^



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.