「PENtONE(ペントネ)」ペンと同サイズ!便利なロール付箋

「PENtONE(ペントネ)」ペンと同サイズ!便利なロール付箋

【こんなの待ってた!従来の付箋は不便だった・・・】

付箋。暮らしの中で、すごく役立つ文房具の1つです。

しおりのない本、あとでチェックしたいページ、覚書、

一言メッセージなどなど、あらゆるシーンで大活躍。

ただ、従来の付箋紙って、持ち運びには不向きでした。

ペンケースに入れて持ち歩くと、バラバラになっている。

少量持ち歩こうとして一部はがすと、裏の粘着剤に汚れが付着する。

紙折れが激しい、などなど何度泣きをみたことか・・・(笑)。

それでも学校や職場では必須アイテムなので、汚れたものは処分しつつ

活用してました。が、

このカンミ堂「PENtONE(ペントネ)」付箋はすごい!

なんとペン型で、しかもロールタイプなのです!

円筒型のケースに収まった、タテ1列のフィルム付箋3色。

ミシン目がついていて、手でちぎることができます。

大きく切り取れば、大きめ付箋に早変わり♪これはアイデア文具。

1本につき、210枚の付箋紙(小さくカットする場合)がついています。

サイズは約W62×h175mm。ほかのペン類と一緒に

ペンケースに放り込んでも、折れたり剥がれたりしません。

【専用リフィルもあり♪色も柄も選べます】

このとおり、真ん中に芯棒が入っていて、その周りに巻き付くように

付箋ロールを取り付ける仕組みです。

外側の透明のガードは「の」の字型になっており、

テープカッターのようになっています(※カットは手でちぎります)。

上下には真鍮製の金色の留め具がついていて、

専用リフィルを入れ替えるときには、この留め具を外して中身を取り出します。

このとおり、ペンスタンドに差してもスタイリッシュ!

従来の付箋って、ケースなしではフニャフニャと頼りなく

置き場にも困ったものですが、これなら出先でも折れ曲がりを心配せず

スマートに使用することができますね。もっと早く世に出て欲しかった・・・!

かつての付箋にまつわるプチ苦労が、すべて解消されている1本。



スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【文房具大図鑑】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.